企業内に保育施設

挨拶をしている

企業内保育の利用料金

保育園に預けることができないために子供を産だ後に復職や再就職をしたいと考えても、働くことができない女性が問題視されています。そのために国などの行政だけでなく、企業も動き出すようになっており企業内保育という取り組みを行うところもあります。企業内保育とは、その企業で働く従業員の子供たちを対象に企業の中もしくはその近辺に保育施設や託児所を設けるものです。企業内で採用した保育士などを配置し就業開始から就業終了まで施設によっては24時間子供を預かってくれます。企業により利用料金には違いがありますが月に3万円から5万円程度、認可保育園と同じぐらいの料金で利用することができるようにしているところが多いです。

企業内に保育施設が誕生した歴史

今は女性が外で働くのが普通で女性男性関係なく育児に参加するという考えが成り立ちつつありますが、以前は女性は結婚や出産を機に離職して家事や子育てに励むというのが当たり前でした。しかし生活形態の変化などにより女性の社会進出が進み、企業でも女性を登用する必要性が出てきました。その社会の変化に伴い保育施設が足りないという問題が出てきて、女性の離職率を下げ安心して働くことができるようにするために企業内保育が誕生しました。特に女性の多い職場では企業内保育の必要性が強まり、保育施設を企業内で作る動きが出てきました。最初は女性が働く企業にある保育施設に預けるということが普通でしたが、最近では男性が自分の働く企業にある保育施設に預けるというパターンも増えています。