魅力的な企業内保育

アナウンスをする女性

働く人にとっては魅力の企業内保育

企業内保育とは、企業内に子供を預けることのできるシステムです。企業内保育のメリットとしては、自分の働く場所に子供を預けることができるという点です。子供が急に熱を出した時等勤務場所からすぐに病院へ連れて行くことも可能です。しかし、デメリットとしては、子供を連れて職場まで電車等に乗るのには抵抗があるとう点です。通勤ラッシュ時に子供を連れて会社まで通勤するということがなかなか難しいという事が現状のようです。また、企業内においてこの企業内保育を実践している企業はまだ少なく、多くの女性が働く病院等での企業内保育が一番多いようです。 しかし、働く場所へ子供を預けることのできる企業内保育は、トーラル的にみれば魅力的なので、今後の企業の取り組みが期待されます。

今後も需要が期待できる

子供を職場内に預けることのできる企業内保育は、子供を持つ働きざかりの親にとってはすごく魅力のあるサービスだと言えます。近年、男だけではなく、女性も働く共働きのスタイルが多くなってきた現代社会においては、この企業内保育の進展が強く望まれています。実施企業は依然少ない状況ですが、その需要は年々増加しています。企業内保育は子供の年齢に一定の制限を設けている場合もありますのでその点は注意が必要です。一定年齢以上に達した場合は、企業外の保育所を探す必要がある場合もあるようです。 親の近くにいるということは、子供にとってもメリットがありますし、親にとっても子供を働く場所に置いておけることは安心が持てます。今後、企業内保育のさらなる発展を遂げるためには、国の企業支援が拡充されることが望まれます。