職場復帰をする

力を合わせる

企業内保育は企業や事業所に設置された従業員用の保育所のことを言います。近年待機児童などの問題も多く、出産後の従業員がすぐに働くことができないことがあります。 しかし企業内に保育所を用意することによって、安心して職場に復帰することができるのです。 大手の企業が導入していますが、その使用料の平均については月3万円から5万円ほどとなっています。 年齢によって金額を変えているところもありますが高くとも月5万円ほどが相場となっているようです。 保育料は自治体や年収によって異なっているので企業内保育を利用した方が高くなることもあります。 しかし企業内保育を利用すれば待機児童の問題なく会社にすぐ復帰でき、また企業内保育がなく待機している方のためにもなっているのです。

企業内保育とは、福利厚生の一環として企業内の敷地や近隣などに従業員用の保育施設を設置することを言います。 女性は妊娠、出産、出産後の育児などによって長期で会社を休まなければいけなくなります。女性が職場復帰を望んでいても育児のために復帰できないことも多いのです。 保育園を利用したくても現代ではすぐに入園することができず、待機児童になっているのです。待機児童は社会的な問題にもなっており職場復帰の大きな壁になってしまうのです。 しかし企業内保育が設置されていると、会社まで自分の子供を連れてくることができ、近くで預かってくれるため仕事中に確認できたりまた帰りも一緒に帰ることができます。 職場に復帰しやすく何があってもすぐに駆けつけることができるため、安心感や周囲に迷惑をかける必要もないのです。